機関紙配布の元厚労省課長補佐、2審も有罪(読売新聞)

 2005年9月の衆院選投開票日の前日、東京都内の警視庁職員官舎で共産党の機関紙を配布したとして、国家公務員法違反(政治活動の禁止)に問われた元厚生労働省課長補佐・宇治橋真一被告(62)の控訴審判決が13日、東京高裁であった。

 出田孝一裁判長は、求刑通り罰金10万円とした1審・東京地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 国家公務員による政党機関紙配布を巡っては、同高裁の別の裁判部が今年3月、同法違反に問われた元社会保険庁職員・堀越明男被告(56)について、1審の有罪判決を破棄し、無罪を言い渡していた。

親族旅行が…観光バスなど3台衝突、12人重軽傷 千葉(産経新聞)
<事務・権限仕分け>21、24両日に開催 地方委譲へ(毎日新聞)
「普天間」日米外相、防衛相会談へ…5月下旬(読売新聞)
国会法成立、今国会断念へ 小沢氏示唆(産経新聞)
中曽根氏が自著で小沢氏を評価 小泉氏は「期待外れ」(産経新聞)
[PR]
by ucqcbsy6br | 2010-05-20 04:15
<< <口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了... 水上バイクで2人死亡=1人不明... >>