抵抗排除して改革を=民主の参院選過半数獲得で−小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は27日午後、福島市で同党衆院議員の会合に出席し、夏の参院選について「何としても過半数を取って、与えられた力で既存勢力の抵抗を排除して、本当の意味の改革を実現しなくてはならない」と強調した。
 小沢氏は「過半数を狙うにはやはり候補者も過半数立てなくてはいけない」と述べ、改選数2以上の選挙区に複数候補を擁立する方針を説明。福島選挙区(改選数2)では「(現職の)増子輝彦参院議員の当選を確実なものにして、さらにもう1人、われわれの同志を国会に送っていただきたい」と支持を求めた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
小沢氏を怒らせた「農業土木一家」

<フジテレビ>キー局初のバラエティー番組指針(毎日新聞)
前原、仙谷、原口3閣僚が異例の予算委遅刻 予算成立確定で気の緩み?(産経新聞)
<名古屋市地域委>公募委員40人当選…有権者参加8.7%(毎日新聞)
中日ネルソン投手、釈放=銃刀法違反容疑で送検−沖縄(時事通信)
泊原発作業員、微量被ばく=放射性物質吸い込む−北海道電(時事通信)
[PR]
by ucqcbsy6br | 2010-03-06 22:53
<< <強盗>「すき家」2店被害、栃... 鳥取不審死の元ホステス、2件目... >>