出産費用の公的保険直接支払い、完全実施見送り(読売新聞)

 厚生労働省は24日、出産費用を公的負担で医療機関に直接支払う制度について、4月の完全実施を見送る方針を固めた。

 一部の医療機関に3月末まで認めていた導入猶予期間を再度延長し、さらに半年以上認める方向で調整する。

 昨年10月に始まった同制度では、健康保険組合などの公的医療保険から出産育児一時金(42万円)が医療機関に直接支払われるようになり、妊婦らは出産費用を用意しなくてもよくなった。当初は、医療機関も患者の未払いに悩まされなくなる利点があるとされた。

 ただ、支払いに1〜2か月かかり、医療機関側から「資金繰りが悪化する」との懸念が寄せられたため、厚労省は妊婦と合意文書を交わすなどした医療機関に限って、3月末まで半年間の導入猶予を認めていた。

小沢氏求心力に陰りも=長崎知事選敗北、民主に痛手(時事通信)
<名古屋市議会>市民との対話集会を検討 市長に対抗(毎日新聞)
<掘り出しニュース>塩尻市がワイン債発行 購入者にはヌーボーワインも(毎日新聞)
<幼児虐待>3歳娘暴行死 傷害致死容疑で父親逮捕 福岡(毎日新聞)
羽田空港 ロビーに人あふれる…濃霧で欠航相次ぐ(毎日新聞)
[PR]
by ucqcbsy6br | 2010-02-28 23:51
<< <訃報>森本妙子さん87歳=毎... 首相、公明提言に迅速対応=自民... >>