普天間移設、首相「連立維持する形の結論出す」(読売新聞)

 鳩山首相は19日夜、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題について、「連立内閣だから、社民党、国民新党にも理解していただけるような解決策を作り出していく。少なくとも最終的に連立政権を維持する形の結論を出す」と述べ、与党の結束を重視する意向を示した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。国民新党は同県内の米軍キャンプ・シュワブ陸上部への移設案などをまとめたが、社民党は県外移設を主張している。

政策会議の運営改善指示=平野官房長官(時事通信)
日大入試で採点ミス 93人が追加合格(産経新聞)
外国人看護師候補者ら受け入れ施設、3分の1に減少(医療介護CBニュース)
女性雇用率で入札優遇=内閣府(時事通信)
放火罪の被告に無罪…大阪・西成の3人死亡火災(読売新聞)
[PR]
by ucqcbsy6br | 2010-02-20 19:05
<< <火災>大阪府立大学の部室棟燃... 練馬の幼児2人焼死、押し入れが... >>